運命のイタリア

dihitomi.exblog.jp ブログトップ

知的都市ボローニャ  -其の3-

e0059322_612655.jpg

この通りを見つけたとき、『あ、私イタリアにいるんだ。』と思ってしまった。
小さな食材店の集まる小さな通り。海老がほしけりゃ魚屋へ、トマトがほしけりゃ八百屋へ。そういうのいいなぁ。ミラノのうちの近くにはキノコ専門店もある。乾物からオイル漬け、様々な種類のキノコがおいてある。パルマには馬肉専門店もあった。ここはいつ見ても閉まっている。売り切れ御免で昼前には店じまいせざるを得ないのだろう。それから毛糸専門店。文字通り毛糸しか売っていない。でも店の中は天井まで届く程の種類豊富な毛糸でいっぱいだった。他にも帽子専門店、ハーブ専門店、ミネラルウォーター専門店とあげると切りがない。スーパーマーケットは素早く買い物が済ませられて便利だけど、時間のある時には一軒一軒立ち寄って買い集めるの、いいなぁ。

Forli'で待っているアモとの待ち合わせ時間が迫っていたので駆け足で双子の塔を見て駅へ。この塔の一つは傾きすぎて削られてしまった。
わざとらしいくらい傾いていた。『斜塔はピサだけじゃないのよ。』
e0059322_6521947.jpg


人気blogランキングへ
[PR]
by dihitomi | 2006-11-10 06:00 | ちょっと旅行
line

ミラノ在住、みら之介による、イタリア的(気ままな)ブログ


by みら之介
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31