運命のイタリア

dihitomi.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:デザイン大国イタリア( 4 )

郵便局まで美しい

e0059322_8275172.jpg通りがけに目にとまったこの郵便局の構えがレトロでかわいかったので用もないのに思わず入ってしまいました。入り口の上に書いてあるPOSTE(ポステ)とは郵便局または手紙の意味。
一般的に郵便局はUfficio Postale(ウッフィーチョ ポスターレ)とも呼ばれます、その下にあるTelecomunicazioni(テレコムニカツィオーニ)とは電気通信、(電報など)という意味です。この建物、ずいぶん昔からあるでしょう、入ってすぐ上を見上げると丸い天井にこの絵。e0059322_8572640.jpgいつ頃描かれたものかは分かりません(多分そんなに古い物ではないと思います)が、郵便局にこんな風に迎えられて、なんだかうれしくなれます。もともと別の目的で建てられたPalazzo(パラッツォ)館を改築して今の郵便局になったのかもしれません。
e0059322_972490.jpg照明もろうそく風のふんわりとした明かりのシャンデリアで絵の雰囲気にぴったりですよね。もう一つのドアをくぐり奥に進むとそこにはもう現代的な郵便局のオフィスがありました。このギャップを味わえるのもイタリアならではなのですよね。これからのシーズン、クリスマス、お正月、エピファニアなどのお祭りがやってきて忙しさが増し、郵便局の機能も徐々に麻痺してくるのでしょう。悪名高きイタリアの郵便事情も最近は改善され随分信頼できるようになったと言われていますが、今年もBabbo natale(バッボ ナターレ=サンタクロース)のようにイタリア、そして世界に贈り物を届ける使命があるんですから、頑張ってくださーい。

人気blogランキングへ
[PR]
by dihitomi | 2005-12-08 09:34 | デザイン大国イタリア

e0059322_5531412.jpg


窓。

光を取り入れるために、風を送り入れるために、外と内とをつなげるために、自己を表現するために、世界を見るために。


人気blogランキングへ
[PR]
by dihitomi | 2005-11-27 05:52 | デザイン大国イタリア

パンテオン  ーすべての神ー

e0059322_19051.jpg

紀元前27年に建造され、焼失したものを紀元後2世紀に再建したローマのパンテオン。完璧な美しさと称賛されるこのローマ建築の結晶ともいえる神殿、見方をかえるとすごくモダンなデザインに思えるのは私だけでしょうか。計算し尽くされた、宇宙的な印象を私は受けました。丸い天井の真ん中にある窓には覆いがありません。内部の空気も外部と同じように変化し、自然界の動きと同じように流れています。すべての神へ捧げられた神殿。現在はキリスト教寺院としてそこにはかつてのイタリアの王たちがねむっています。


人気blogランキングへ
[PR]
by dihitomi | 2005-11-25 00:55 | デザイン大国イタリア

魔除け

e0059322_2219690.jpg

これ、なんだか分かります?鼻かなりてかっていますけど...。
正解は、インターフォンのボタン。
鼻の頭、むにゅ〜って押して呼び出し。
急いでいる人は手のひらでバシバシバシッて...
でもこの顔、魔除けの効果すごいんじゃないかな。

つぎ。

e0059322_22195337.jpg

ではこれ分かります?
そうドアの取っ手です。
神話に出てくるイルカに見えますけど、これもきっとこの家に住む人の運勢の鍛冶を幸福の進路へとってもらえるようにと、おまじまいの意味をこめてつけたのでしょう。


ちなみにうちのことは赤鬼さんに守ってもらっています。
鬼って節分では豆で追い出されるのに、この赤鬼さんは、福を呼び悪を蹴散らしてくれるのです。
e0059322_22201425.jpg



人気blogランキングへ
[PR]
by dihitomi | 2005-11-24 22:13 | デザイン大国イタリア
line

ミラノ在住、みら之介による、イタリア的(気ままな)ブログ


by みら之介
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31