「ほっ」と。キャンペーン

運命のイタリア

dihitomi.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

黒いダイアモンド

e0059322_4281974.jpg

日本ではトリュフでおなじみのTartufo(タルトゥーフォ)。黒いダイアモンドなんて呼ばれ、ミラノでは11月になるとトリュフ祭りなるものまで開催される程、皆に愛されているキノコの一種。皆様ご存知のとおり世界の高級食材の一つですよね。久しぶりにトリュフの薫りを堪能しようと、(でも少しカジュアルに)今回選んだFormaggio(フォルマッジョ=チーズ)がこちら。Pecorino al tartufo(ペコリーノ・アル・タルトゥーフォ)トリュフ入り羊のチーズです。近くの大型スーパーで手に入れました。ペコリーノのこくのある味わいに勝るトリュフの薫りが若い赤ワインによく合いました。このチーズと生クリームでパスタのSugo(スーゴ=ソース)を作ってみてもいいかもしれません。しあげに粗挽き胡椒なんか挽いて。
人気blogランキングへ
[PR]
by dihitomi | 2006-03-31 04:19 | 美食家好み

Violetta

e0059322_244326.jpg

すみれの花のエッセンスが入った『Violetta di parma』の粒状タブレット。先月劇場で購入しました。柔らかく可憐なすみれの香りがいつまでも口の中に漂います。それ以来、観劇のときはいつも持ち歩いているので、私にとってはすっかり”劇場の香り”になってしましました。みなさんにもきっと、様々な”Situazione(場面)の香り”ってありますよね。香りが記憶を呼び起こしたり、香りが状況を変化させたり、色や形を想像させたり。香りのもつ力って奥が深いんだなぁ。そんな香りともっとうまくおつき合いしていこうと思っています。
人気blogランキングへ
[PR]
by dihitomi | 2006-03-12 04:11 | 私をとりこにさせたもの

MIMOSA

イタリアの街中にミモザが咲き乱れました。
今日はFesta della donna(女性のお祭り)で、この日に男性は、日頃の感謝と心からの愛情を込め、女性にミモザの花を贈る習慣があるので、街は柔らかな黄色のミモザでいっぱいでした。Pasticcerie(お菓子屋さん)は”ミモザ”(細かく切った黄色のスポンジケーキでデコレートされたクリームのケーキ)をずらりと並べ、お店の入り口にはミモザの鉢植えを置き、道にはミノザの花束を売る人が立ち、みんなで『おめでとう!!』と祝いあい、なんとも幸福な1日でした。我が家のシェフは自慢の料理に腕をふるいこの日の夕食を演出し、”1日お姫様”にさせてくれました。女の子に生まれてこれて本当によかった〜♥なんて、単純な私はすっかり有頂天。
e0059322_784418.jpg

愛と感謝を形にするとこんなすてきなFestaが生まれるのかしらん。
人気blogランキングへ
[PR]
by dihitomi | 2006-03-08 06:44 | イタリアの暦

Made in Italy

今日久しぶりにミラノのCorso Buenos Aires(コルソ ブエノスアイレス)に行ってきた。Duomoと中央駅のちょうど中間に位置する大通りで週末は買い物客でごった返す。今日はカルネヴァーレ後の影響でとくに込み合っていたように思える。プリンセスや映画のヒーローに仮想した子供達や女装した男の子達とよくすれ違った。さて今日のメインのショッピングだが、結果から言うと購入したものは、カルネヴァーレのときによく食べられるお菓子各種(お散歩の友)、ヘアーアクセサリー、ゴールドのアイライナーと...
それだけ...?
ものを買う時に必ず見るのが、どこで生産されたか、素材(質)と価コストのバランス。それを考えると、最近ものが買えません。例えば洋服や靴。どの店先にも同じよーなものが置いてあって、実際にイタリアで作られたものはごく稀。6年前にミラノでショッピングしてたときはこうじゃなかったのになぁ〜。リラの時代が懐かし〜。なんでぶつぶつ言いながら眺めていました。大枚はたかないとイタリアで作られたいいものが得られない時代になって、全体的に商品のクオリティー低下を痛感させられ、なんだか面白くない。だから私はみんなから『そんなんじゃ何も買えないよ。かわいけりゃいいじゃん。』なんて一喝される。でもなんだか譲れない。これはイタリア製じゃないけど、デザインしたのはイタリア人、このデザインにお金を払って買ってるんだ、なんて自分に言い聞かせたりする。または○○製だけど、それにしてはまだいいよね...とか。はぁ...
結構疲れるし、切りがない。
人気blogランキングへ
[PR]
by dihitomi | 2006-03-05 10:17 | みら之介のMilano

春の欲

e0059322_5464817.jpg
天気予報によるとこの一週間はまだまだ冷える日が続くとのこと。秋冬ミラノコレクションもカルネヴァーレ(謝肉祭)も終わって、そろそろ春だなぁ〜なんて思っていたのに...。太陽が恋しーい!!暖かくなると緑のふわふわの芝生の上に寝転がって午後のひと時を楽しんだり、仲間と宿題をしたり、この広場いっぱいに人が集まってとたんににぎやかになります。ここはパルマの歴史的地区の中心にある平和広場。広場奥にはパルマ大学のキャンパスやとても重要なファルネーゼ劇場があり、広場周辺には毎週水曜日と土曜日にメルカート(市場)もたちます。このメルカートにも衣服や靴などのブランド品の、カンピオーネと言って一度ショーや展示などに使われた商品が格安で売られています。たまに覗くと掘り出し物を見つけたりして、なかなか素通りできないところです。私、春になるとショッピング欲が異常なほどにわき上がるんですよね〜。きっと春の性格のせい。

人気blogランキングへ
[PR]
by dihitomi | 2006-03-01 05:24 | イタリアの暦
line

ミラノ在住、みら之介による、イタリア的(気ままな)ブログ


by みら之介
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31