運命のイタリア

dihitomi.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

選択

e0059322_19232562.jpg

物事を逆さにとってみて見ると、慣れないから見にくいけれど、想像もしなかったいい答えがでてきたりすることがある。そういう経験みなさんにもありますよね。捉え方ひとつで状況は様々に変化するしそれによって心境も変えられる。すべては自分の選択次第ということか。

e0059322_19452620.jpg

ここはミラノのナヴィリオ運河地区にある、昔の洗濯場。
お天気のいい日に主婦達が集まって、それこそ井戸端会議なんかしながらお洗濯していたんでしょうね。
人気blogランキングへ
[PR]
by dihitomi | 2006-04-24 19:52 | みら之介のMilano

e0059322_19343786.jpg

『美しかった』

ふと思い立って、ミラノのPalazzo Reale(パラッツォ・レアーレ=王宮)で開催されている、Helmut Newtonの写真展『SEX AND LANDSCAPES』をみにいってきた。約90枚の写真と彼のwifeが撮影したvideo。
奇抜な発想で捉え方によっては、すごくいやらしくもあるのだけれど、どの作品にも品格があって、当然であるが素晴らしい計算された芸術作品だった。裸でいることがあたかも普通なこと、または最も強くまっすぐな自己表現であるかのように。
彼は2004年に亡くなっている。

この写真展を見る前に、Amore(アモーレ=彼)との会話の中で出てきたいくつかの言葉が、まさに作品の中にキーワードとして現れていた事が驚きであった。
それに1ヶ月前に偶然手に入れた写真雑誌の表紙だったあるヌード写真、その時はNewtonの作品だとは知らずにいたのだけれど、会場でその写真にまた出会ってびっくり。『彼の作品だったんだぁ、納得。』

裸の方がそれぞれが持っている個性がどのようなものなのか分かりやすく出ると思う。そしてその強烈な個性を何色にでも変えられることが出来る、彼の作品はそう思わせてくれました。

この写真展、私にとっては来なければならなかった『運命の写真展』なのです。間違いなく私の人生にスパイス一つ、きかせてくれた。

人気blogランキングへ
[PR]
by dihitomi | 2006-04-23 20:20 | 職人の豊かな感性

至福のリチェッタ -3-

最近のわたくしのエントリー、食べ物関係が多いような...?
(食いしん坊がばれてる。)
さてさて、ここでまたおいしくって簡単なパスタの一皿を紹介させて頂きます。
e0059322_184347.jpg

『からすみのパスタ』でございます。
材料はこちら

・好みのパスタ(できれば卵麺)
・プチトマト適量(一人当たり2、3個)
・からすみ適量(パウダー状にすりおろす)
・EXヴァージンオリーヴオイル
・イタリアンパセリ少々

作り方

プチトマトを細かく切る、塩を入れたたっぷりのお湯でゆで上がったパスタに、オリーヴオイルをお好みでかけさっと和え、からすみ、プチトマトをすばやく加えまぜる。細かくちぎったイタリアンパセリをぱらぱらのせてできあがり。はい召し上がれ!

Boun appetito♪

人気blogランキングへ
[PR]
by dihitomi | 2006-04-20 01:33 | 美食家好み

芸術家

e0059322_2163859.jpg

この城の奥にある大きな公園の中にTriennale(トリエンナーレ)という建物がある。現代アート美術館である。先日友人に誘われ行ったらその日は『Il diavolo del focolare』(家の悪魔)という展示会が催されていた。33人のアーティスト達のそれぞれの観点から、精神状況の交差や情動に取り巻く魂の宿る場所または空間、発明のためのテリトリー、もしくは本拠地そしてまさしく夢の住まい、はたまた悪夢住まい、といった感じのスペースが家の中にあったら...。つまりはホームアレンジメントの発案作品だそう。私は彼らの作品がすごく身近な存在に感じてしまって新鮮な感動を得る事が出来なかった。楽しめましたけどそれなりに。

感想:芸術に完成はない。

人気blogランキングへ
[PR]
by dihitomi | 2006-04-19 17:01 | みら之介のMilano

Colomba -Simbolo della pace-

e0059322_22455171.jpg

Pasqua(パスクア=復活祭)の焼き菓子の定番と言えば、Colomba(コロンバ=鳩)。平和のシンボルである鳩の形をしたお菓子です。生地はクリスマスの時に食べられるパネットーネとほぼ同じ。今回は、美味しいと評判のDuomoの近くの老舗Pasticceria(パスティッチェリア=お菓子屋さん)の、チョコチップとマカダミアナッツ入りのColombaにしてみました。食後のDolce(ドルチェ=デザート)に、Colazione(コラツィオーネ=朝食)にと、お祭りの期間は毎日いただきます。幸せのハト。
人気blogランキングへ
[PR]
by dihitomi | 2006-04-17 23:11 | 美食家好み

うさぎとたまご

世の中はもうPasqua(パスクア=キリストの復活祭)を迎えている。そしてミラノもようやく春らしい陽気になってきた。仕事の都合でこの連休はおあずけで、おうちでひっそりとお祝い。月末にあるもう一つの連休にヴァカンツァをとる予定。晴れたらコモ湖に行ってピクニックをしてその後Villaで今開かれている展覧会を見に行こう、と。
e0059322_23223054.jpg

そして街の至る所にチョコレートの卵とウサギ。黄色のフィアットの上にある大きな卵は本物のチョコレートでできているらしい。お菓子屋さんの看板と化していた。ちょっとレトロな感じの、お花を持っている白ウサギのキャンドルは贈り物にいいなぁ...。でもふと思った。復活祭になぜウサギと卵??調べてみると...卵は、ヒナが卵から孵ることとイエスが墓から出て復活したこと(新しい生命の誕生と祝うこと)を結びつけたものといわれている、じゃウサギは?ウサギは春の祭のころに沢山の子を生み豊饒のシンボルとされているから、だとか。
春はあらゆる誕生の季節だものね。
春は恋の季節だものね〜、なんて少女の頃いってたっけ?

人気blogランキングへ
[PR]
by dihitomi | 2006-04-17 00:40 | イタリアの暦

春の宵

  昨日から、しとしとと花冷えの雨が降っています。
先月末から夏時間が始まりいっそう日が長くなりました。
仕事や学校帰りにバールのテラスで仲間達と楽しい時間を過ごしている人たちの姿が、暖かく開放的な季節の到来を告げてくれます。
私たちはなんとなく夕食のリズムもゆっくりになって、その後もいつものように趣味タイムをやってしまうのだから、次の日の朝に影響してしまう。
でもそんな時の流れは、マイペースな私たちに合っていて心地よい。

e0059322_131634.jpg

Luna e Bambu


人気blogランキングへ
[PR]
by dihitomi | 2006-04-11 01:48 | イタリアの暦

不思議な出来事

先日、いつもよりゆっくりな歩調で歩きながら駅に向かう途中、ふとこんな事が頭をよぎった。

『この先の道にお金が落ちているのを見つけて、そしてそれを拾い教会に寄付し、その教会と信者のために役立ててもらおう。』

なぜいきなりこの様なことが頭に浮かんだのか自分でも分からないまま、そしてそんなに気にも留めないで目的地の駅へと歩いていたら、私の2、3メートル先に金色に光る小さな丸い物が。私はそれに釘付けになりながらも足を止めず、いやかえって歩幅をひろげて、見なかったふりをするかのように通り過ぎてしまった。

『うそでしょ?!予知ちゃったの?』

次の瞬間きびすを返しコインを拾いに戻っていた自分がいた。


私はよく道ばたに落ちているMoneta(モネータ=硬貨)に遭遇する。
無視するか、近くにいた浮浪者に渡していた。
拾ったお金は私のところにやって来たけれど、私が自分のために使うものじゃないと考えてしまうから。


今日はそのMonetaを持って、教会へ。
独特の静けさの中にものすごいエネルギーの渦を感じた。私は仏教徒だけどこうして時々教会を訪れロウソクに灯をともし祈りを捧げ、天井から床までぐるりと無心になって見回し出ていく。
あの空間と時間、今では私の生活の中の一部になりかけている。

人気blogランキングへ
[PR]
by dihitomi | 2006-04-09 06:23 | 生活の中に
line

ミラノ在住、みら之介による、イタリア的(気ままな)ブログ


by みら之介
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30