運命のイタリア

dihitomi.exblog.jp ブログトップ

美しきふるさと

私の故郷は北海道。私の第二の故郷はミラノ、そして第三に当たるのが南イタリアはプーリアにあるレッチェなのです(2005年の時点では)。パスクア(イースター感謝祭)、夏のヴァカンス、ナターレ(クリスマス)と行事ごとに帰郷していますが、その度にちがった表情をして迎えてくれます。でもそこにはいつまでも変わらぬプーリアの大地と歴史があるんですよね。
e0059322_6313477.jpg


 e0059322_535612.jpg

街の歴史的地区にあるサンタ・クローチェ教会。プーリアで採取された非常に柔らかい質の石によって17世紀に建てられたものです。こんなこと(本当は試してみたくても)絶対にしませんが、爪で削れるほど柔らかいんですって。この柔らかさが華麗なバロック模様を実現させたのです。しかし風雨による損傷も多く見られました。


e0059322_5413143.jpg


e0059322_5502526.jpg











完成当時の姿を想像すると、いかに高いレベルの技術、知識、感性を生かし作られたものだという事がうかがわれます。
イタリアが生んだ、もの作りの達人たちによって・・・。



人気blogランキングへ
[PR]
# by dihitomi | 2005-09-01 23:37 | 魅惑の地中海

愛しのPIMPA♥

e0059322_5512940.jpg
赤い水玉のかわいい子犬PIMPA(ピンパ)。私の大好きなイタリアの絵本のキャラクター。私がまだイタリア語初心者だったころ、PIMPAの絵本をみて彼女の話す言葉をそのまま覚えて使ったりしていました。PIMPAは今年でちょうど30歳。(おめでとうPIMPA!!)そしてなんと第24回アンデルセン賞の今年のキャラクターにも選ばれたんですよ!ますます世界のみんなから愛されるんでしょね。

前回の記事でお話した、ナヴィリオ骨董市で偶然見つけ5ユーロで買ったPIMPAの載った古新聞。e0059322_6111154.jpg1976年8月8日に発行されたものです。(ちなみに私はまだ生まれていません。)e0059322_6135031.jpg
PIMPAの物語は本当に心を和ませてくれます。絵本から教えてもらえる事って沢山ありますよね。
人気blogランキングへ
[PR]
# by dihitomi | 2005-08-31 23:41 | 私をとりこにさせたもの

ナヴィリオ地区骨董市

毎月最終日曜恒例のナヴィリオ運河沿いで開かれる骨董市へはナッツ売りから買ったピスタッキオ(ピスタチオ)の袋片手によく出かけます。
e0059322_6434317.jpg

そこに置かれている商品を見て回るのは勿論、商人とお客さんのやり取りの場面や、通りすがりの人を見るのも結構たのしいんです。
e0059322_6464938.jpg
こんな理解に難を要するディスプレーも。古い業務用調理器具とボディー(マネキン)かつら付き。
コンセプトはいったい何なの?!






e0059322_6533916.jpg
こちらはアクセサリーとパーツを売る店。みんな一つ一つ手に取っては真剣に選んでいました。
仕上がりを想像しながら楽しそうに...。
 この日購入したものは一冊の古新聞。私の大好きな、イタリアのかわいい人気キャラクター『ピンパ』の載った子供向け新聞です。次回はそちらを紹介しますね。本当にかわいいすぎますから。


人気blogランキングへ
[PR]
# by dihitomi | 2005-08-28 23:59 | みら之介のMilano

きれいになって。

夏のヴァカンスを南イタリアはプーリアにあるガッリーポリという海のある街ですごしてきました。
e0059322_8201198.jpg

信じられないほどきれいに透き通った地中海に心も磨かれきれいになって、このブログを開きます。
ここでは、日々の出来事や自分の気に入ったものなど、自由に紹介していこうと思います。
この海にはいったい何種類の「あお」があるのでしょう。
[PR]
# by dihitomi | 2005-08-23 08:28 | ごあいさつ
line

ミラノ在住、みら之介による、イタリア的(気ままな)ブログ


by みら之介
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31